ニキビの発生メカニズムと肌への悪影響

ニキビは汚れが詰まった毛穴が炎症によって腫れ上がった状態を指します。皮脂や垢などの汚れが毛穴に詰まり、内部で細菌が繁殖することで炎症に見舞われて赤く腫れ上がるのが発症のメカニズムです。ニキビの発症リスクは肌の汚れが大きく関係するため、皮脂の分泌量が多い若年層の人ほど症状が出やすい傾向があります。また、汚れた環境に長く居る人もニキビの症状が出やすいので注意が必要です。

ニキビが出来ると患部が赤く腫れ上がって見栄えが悪くなる他、痛みや出血が生じることがあります。また、傷口から滲み出る体液は細菌が混在しているため、周囲に新しいニキビが頻発する原因にもなります。同じ部位に続けてニキビが出来ると肌の角質化や色素沈着などの重大なトラブルに発展するので、速やかに適切な治療を受けるのが美肌を維持する条件です。

ニキビの無い綺麗な肌を保つ方法と健康管理

ニキビは毛穴に汚れが詰まることで発症することから、常に清潔な状態を保つのが効果的な予防方法になります。特に皮脂の分泌量が多い若年層の人はこまめな洗浄が不可欠ですが、その一方で洗い過ぎによる肌荒れが生じる可能性がある点を注意する必要があります。皮脂は肌を外気の刺激から守る効果があるので、過剰な洗浄は避けるのが賢明です。また、石鹸の成分が毛穴に入り込むのもニキビの発症リスク増大に繋がるので、余分な皮脂を分解する程度の量に留めることが重要になります。

ニキビは毛穴の詰まりだけではなく、体調不良による肌の免疫力低下でも発症します。排出されない老廃物による悪影響が原因なので、健康管理に気を配って体調を良好に保つのがニキビの出来ない綺麗な肌を保つ決め手です。

ニキビ跡を残さないようにするためには、生活習慣の改善が重要になります。野菜中心の健康的な食事と十分な睡眠の他に、紫外線対策も効果があります。