肩だけの異常ではないかも

肩こりは、日本人が悩むことの多い症状です。ただ肩こりの原因はさまざまで、頭の重さや寒さ、同じ姿勢を取ることで肩の筋肉が緊張して疲れてしまうだけではありません。運動不足からくる血流の悪さや目の疲れ、ストレスからくる肩こりもあります。また心臓や肩、首の病気によって肩こりが起こる場合があります。痛みがひどい、長引くという場合は病院への受診も必要になります。

肩こりの予防、対処法は

筋肉疲労が原因の肩こりの場合は、ストレッチや運動を行ったり姿勢に気を付けることで改善できる可能性があります。血流を良くし、ストレスを解消するためにも、適度な運動やバランスのよい食事をすることも大切です。それでもなかなか改善しない場合は、医療機関を受診することを考えましょう。マッサージや鍼灸などの民間療法で症状が改善するような場合もありますが、医療行為が認められていないので病気が原因となっている肩こりには効果が得られません。肩こりを軽くみないで、まずは医療機関を受診して肩こりの原因を特定することがおすすめです。最近はペインクリニックといって、症状や身体の所見から多角的に痛みの原因を診断してくれる医療機関があります。急性な痛みだけでなく慢性的な痛みに対しても的確な診断を行って、薬物療法やリハビリテーション、認知行動療法などいろいろな方面から共同して治療をしてくれます。つらい肩こりを抱えている場合は、選択肢の一つにいれてみてはいかがでしょう。

肩こり 注射は辛い肩こりに有効で、数分で効果が期待できる即効性が魅力です。炎症を抑える働きや組織を修復する働きがある有効成分が配合されている注射により辛い肩こりを改善する事ができます。