腰痛が起こる原因とは?

腰の痛みに悩んでいる人は多いですが、その腰の痛みはなぜ起きるのでしょうか?腰痛は普段の生活の中で起こるケースが多いですが、一度起こるとなかなか治りにくく、ちょっとしたことで悪化してしまうこともあります。腰痛の原因は、「筋肉」「血行」「骨格」「筋膜」「ストレス」であると言われています。腰痛になってしまったら、症状を悪化させないためにもケアを早めに行うことが重要ですが、耐えきれないほどの激痛が起こるようならば、すぐにでも病院を受診することが必要です。腰痛は原因や症状によっても対処法が違ってきます。整形外科では、運動療法や理学療法、投薬による保存療法、またブロック注射などの治療法が行われています。

腰痛の治療法や予防法とは?

日常生活の中で、腰痛を予防する方法はないのでしょうか?予防法は原因によって異なりますが、筋肉疲労が原因で起こる腰痛の場合は、ストレッチや体操が効果的です。またお風呂にゆっくりつかって疲労を回復させることも重要でしょう。筋力が低下してしまったことが原因で起こる腰痛の場合は、運動不足や肥満を解消する必要があります。特に肥満になると、脂肪が血管を圧迫する危険性があり血行が悪くなってしまいます。体操などの運動を定期的に行い肥満を解消して、筋力のアップを目指しましょう。骨格のゆがみにより腰痛が起こる場合もあります。予防するには姿勢を正すことが大事です。足を組む癖がある人は、やめるようにしましょう。腰痛は血行不良により起こりやすくなります、日頃から血行がよくなるマッサージをしたり、バランスのよい食事を摂るなどして予防に努めましょう。

腰痛 注射はブロック注射のことで痛みのある部分の神経の近くに麻酔薬を注射することで痛みをなくす方法です。一時的に痛みをとるだけでなく、血流をよくすることで損傷した部分を治療することにもなります。